高卒認定日記

高卒認定を受けてみた事、そして合格したその後...

お題「わたしとインターネット」

はてなインターネット文学賞「わたしとインターネット」

 

自分は、義務教育しか受けていなかったので、

色々な面で知識に乏しい少年でした。

 

そんな少年も22歳になる頃、出会いに恵まれ

仕事と恋愛が両立でき、上手くいっていました。

 

その頃、彼女がパソコンを買うと言うので付き添いで

見に行った時に、『俺も買おうかな〜』と思ったのが

初めでした。

 

1台目のパソコンは、windows95のノートPCでしたが

何の知識もなかったのと、中古でリカバリーのフロッピーディスク

がなかったので、いじっているうちに壊してしまいました。

 

ショックを受けて、頭にもきた自分は、最新型のPCを買うことに

しました。

24万円のデスクトップPC NEC製を一括で購入。

さてインターネット、インターネットと何の知識もない自分は

電話回線をパソコンに直接繋ぎ、ネットを始めてしまいました。

 

1ヶ月後、NTTからの請求は、7万円でした。

そして、3ヶ月を迎えて21万円支払い、友人に相談しました。

そして初めて、ISDNはじめちゃんのことを知り、

月3000円の固定、使い放題に。

 

それからは、いろんなことを調べました。知識に乏しかった

少年はいろんなことを知っていきました。

 

2年後、諸事情により経済的に財布の状況が悪化していったので

インターネットでしていた事も辞めて、パソコンを手放そうと決めました。

 

その時に思いました。『インターネットは親友』だと。

知識に乏しく、人の話は真実性はない、そんなところから

救ってくれました。

 

手放す時、涙が出そうになりました。

 

パソコンを初めてデメリットが1つありました。

人から離れていった自分です。

気付いたら、友人はいませんでした。

 

あれから25年経ちますが、インターネットは今でも

手放せません。