高卒認定日記

高卒認定を受けてみた事、そして合格したその後...

高認試験 英語 問題の特徴

大問 1.

「対話において、下線を引いた語の中で最も強く発音されるものを、...」と書かれて

います。

つまり、会話の中での重要な発言の部分はどれかと聞かれています。

A: Are you ready to order?

B: Yes, just a cup of coffee, please.

A: Would you like cream and sugar?

B: No, thank you. I like my coffee black

2回目の「A」の発言で、『クリームとお砂糖はいかがでしょうか?』に対し

2回目の「B」の発言では『いいえ、結構です。私はブラックを好みます。』

なので、重要な発言は、下線部 black が正解になります。

 最低限の単語と文法は学習が必要です。自分は、「Evergreen」と

英検3級の物を暗記していました。

f:id:hotaru1975:20210425012447j:plain

大問 6.

問われていることは、英文の段落ごとに書かれています。

3問ならば、3段落あります。

graph(グラフ)とtable(表)、passage{(文章などの)一節}などは、

問題文によく出てきます。その後ろには、「〜によると、次のうち正しいのは、どれで

すか?」と続けられています。

 

大問 7.

ここでも、4問あれば4段落あります。

段落ごとに、問われていることが書かれていることが多いです。

 

忘れていることも多くて、伝えれることが少なくてすみません。

自分の場合、大問 3.は諦めていました。他の問題に集中した方が

時間が増えて、点数も他の問題の方が取りやすいからです。

 過去問を繰り返していると、同じこと聞かれていることに気付く

こともありました。

 

 

www.youtube.com

 

 合格を目指して、頑張ってください。応援しております。

 

                        以上