高卒認定日記

高卒認定を受けてみた事、そして合格したその後...

【高卒認定試験】 国語(2回目) マークミスと保有個人情報開示請求

f:id:hotaru1975:20200521213143j:plain

国語(2回目) マークミスと保有個人情報開示請求

 

 

平成30年秋、2回目の国語を受験することに決めました。

 

勉強方法は、1回目と同じ高卒認定用の参考書と高卒認定用の過去問

 

を使いました。しかしそれでは1回目の失敗が活かされません。

 

ネットで3文字熟語を調べて暗記することにしました。現代文(小説)もネットで

 

調べた方法を試したのですが、感情移入で解くクセがどうしても抜けきれず

 

直せません。

 

古文・漢文は、新たに参考書を購入して勉強を始めたのですが、3ヶ月では

 

とうてい学習しきれず十分に力がつきませんでした。

 

 試験が終わりました。

 

試験対策した3文字熟語が見事に裏切られました。今度は4文字熟語に変わっていたのです。

 

現代文 感情移入。再び、古文・漢文 ちんぷんかんぷん。

 

終わった会場では、『めっちゃムズイ』。ネットでは、『出題傾向かえるな』。

 

そんな声がありました。

 

しかし自己採点で42点!科目合格!『ヨシッ』とガッツポーズ。

 

結果通知が届き愕然としました。科目合格通知書に『国語』が記載されていません。

 

これはおかしいと思い、文部科学省の窓口に電話をし、合格点を聞いたところ

 

『合格点は40点以上です。』とのことで、『42点なのですが載っていない』と

 

伝えました。

 

しかし、正しい採点を確かめるには『個人情報開示請求』をして、試験でマークした

 

解答用紙の写しを送ってもらう事でした。

 

電話口で、文部科学省のサイトを誘導してもらい、請求に必要な書類などを教えて

 

頂きました。

 

郵便で2回やり取りし、約1ヶ月かかって解答用紙の写しがやっと届きました。

 

採点してみた結果、1問のマークミスで38点。たった1問のマークミスに泣きました。

 

正式に不合格となりました。